じょうしょう気流 「上小(じょうしょう)地域」と聞いて、みなさんは長野県のどの地域を思い浮かべますか?「上小地域」は、上田市、東御市、小県郡長和町、青木村の2市1町1村からなり、群馬県の西側に接する地域です。「上小」には自然、歴史、文化、おいしい農産物など、さまざまな魅力がありますが、それらを上田合同庁舎の職員の目で見て綴り、皆さんにご紹介してまいります。

じょうしょう気流

「上小(じょうしょう)地域」と聞いて、みなさんは長野県のどの地域を思い浮かべますか?「上小地域」は、上田市、東御市、小県郡長和町、青木村の2市1町1村からなり、群馬県の西側に接する地域です。「上小」には自然、歴史、文化、おいしい農産物など、さまざまな魅力がありますが、それらを上田合同庁舎の職員の目で見て綴り、皆さんにご紹介してまいります。

長野県魅力発信ブログ > じょうしょう気流 > 上田保健福祉事務所 > レッドリボンの意味、ご存じですか?

レッドリボンの意味、ご存じですか?

こんにちは、上田保健福祉事務所のSです。

今年も12月1日の世界エイズデー普及啓発のため、上田合同庁舎の玄関ホールにレッドリボンツリーを飾りました。

レッドリボンツリー

皆さんはレッドリボンの意味を知っていますか?

“レッドリボン(赤いリボン)”は、もともとヨーロッパに古くから伝承される風習のひとつで、病気や事故で人生を全うできなかった人々への追悼の気持ちを表すものでした。

この“レッドリボン”がエイズのために使われ始めたのは、アメリカでエイズが社会的な問題となってきた1980年代の終わりごろ、エイズに倒れて死亡した仲間達に対する追悼の気持ちとエイズに苦しむ人々への理解と支援の意思を示すため、“赤いリボン”をシンボルにした運動が始まりました。
この運動は、その考えに共感した人々によって国境を越えた世界的な運動として発展しています。

レッドリボンは、あなたがエイズに関して偏見をもっていない、エイズとともに生きる人々を差別しないというメッセージです。

このレッドリボンの意味を知り、レッドリボンを飾ることによって、エイズをみんなで考えましょう。

長野県では11月25日(土)から12月1日(金)までの一週間を「世界エイズデー」普及啓発週間と定め、県下各地でエイズ・性感染症予防や感染者への理解を深めるための普及啓発活動を行っています。
活動内容は以下のリンクをご覧ください。

長野県公式ホームページ



 

LINEで送る

このブログのトップへ