じょうしょう気流 「上小(じょうしょう)地域」と聞いて、みなさんは長野県のどの地域を思い浮かべますか?「上小地域」は、上田市、東御市、小県郡長和町、青木村の2市1町1村からなり、群馬県の西側に接する地域です。「上小」には自然、歴史、文化、おいしい農産物など、さまざまな魅力がありますが、それらを上田合同庁舎の職員の目で見て綴り、皆さんにご紹介してまいります。

じょうしょう気流

「上小(じょうしょう)地域」と聞いて、みなさんは長野県のどの地域を思い浮かべますか?「上小地域」は、上田市、東御市、小県郡長和町、青木村の2市1町1村からなり、群馬県の西側に接する地域です。「上小」には自然、歴史、文化、おいしい農産物など、さまざまな魅力がありますが、それらを上田合同庁舎の職員の目で見て綴り、皆さんにご紹介してまいります。

長野県魅力発信ブログ > じょうしょう気流 > 総務管理課 > 【中止となりました】ホストタウンNAGANOアスリートトーク が上田市で開催されます

【中止となりました】ホストタウンNAGANOアスリートトーク が上田市で開催されます

お詫び

このイベントは、塚原直貴さんの体調不良により中止となりました。

楽しみにしてくださっていた皆様には、ご迷惑をおかけして誠に申し訳ございません。

ご理解のほど、なにとぞよろしくお願いします。

----------------------------------

 

こんにちは

総務管理課のぴょんです。

 

なんと、上田市にオリンピアンが来ます!! メダルに触れるかも!?

元ラグビー日本代表選手だって来て、それから本格的な中国茶も無料で飲めちゃう!!

 

 

みなさん「ホストタウン」ってご存知ですか?

ホストタウンとは

それは、2020年東京オリンピック・パラリンピック協議大会に向け、地方自治体がホストタウンになって、住民と一体になって相手国の選手や関係者、オリンピアン・パラリンピアンとの交流を行い、グローバル化、地域の活性化、観光振興等の推進を図る取組のことで、長野県と4市(長野市、上田市、須坂市、飯山市)2町(下諏訪町、山ノ内町)は、中国を相手国としてホストタウンとして国の登録を受けているのです。

 

 

11月23日(木・祝)に上田文化会館で 2008年北京オリンピックの男子陸上400mリレー銅メダリストである塚原直貴さん(岡谷市出身)と元ラグビー日本代表の守屋篤さんがスポーツへの熱い思いを語っていただくトークイベントが開催され、地域における海外との交流や選手への応援等に向けた機運醸成が図られます。

 

塚原直貴 守屋篤2

 

当日会場ロビーには中国茶体験コーナーもあるんです。

パンダ2

これから、2020年東京オリンピック・パラリンピック競技大会、ラグビーワールドカップ2019日本大会も控えておりますし、参加無料ですからみなさん奮ってご参加ください。

 

申込期限は11月17日になっていますが、まだまだお申込みいただけるそうです。

 

 

お申込み方法等はこちらから見てください。

ホストタウン上田チラシ

 

LINEで送る

このブログのトップへ