じょうしょう気流 「上小(じょうしょう)地域」と聞いて、みなさんは長野県のどの地域を思い浮かべますか?「上小地域」は、上田市、東御市、小県郡長和町、青木村の2市1町1村からなり、群馬県の西側に接する地域です。「上小」には自然、歴史、文化、おいしい農産物など、さまざまな魅力がありますが、それらを上田合同庁舎の職員の目で見て綴り、皆さんにご紹介してまいります。

じょうしょう気流

「上小(じょうしょう)地域」と聞いて、みなさんは長野県のどの地域を思い浮かべますか?「上小地域」は、上田市、東御市、小県郡長和町、青木村の2市1町1村からなり、群馬県の西側に接する地域です。「上小」には自然、歴史、文化、おいしい農産物など、さまざまな魅力がありますが、それらを上田合同庁舎の職員の目で見て綴り、皆さんにご紹介してまいります。

長野県魅力発信ブログ > じょうしょう気流 > 商工観光課 > 長和町の食・自然を楽しむ

長和町の食・自然を楽しむ

こんにちは。

商工観光課 マルです。

 

お蕎麦が有名な長野県では、毎年10月下旬から11月上旬にかけて各地で「新そば祭り」が開催されます。

上小地域の「新そば祭り」でも、地域のそば粉を使用した蕎麦が振る舞われます
 

そんな中、11月3日(金・祝)に長和町の和田宿ステーションで行われた「第15回 中山道和田宿 新そば祭り」と、またその後に長和町をドライブした様子をご紹介します。

 

 

IMG_3054

 

イベント会場である和田宿ステーションは、農産物直売所です。

イベント会場である和田宿ステーションは、農産物直売所です。



IMG_3049

IMG_3051

新鮮な野菜がお手頃価格で販売されていました。



 

イベント開始は11時からと聞き、会場へは午後1時前には到着したのですが、すでにお蕎麦は売切れ寸前、とのこと。。。滑り込みセーフ
次回(来年)の参加を検討される場合は、12時くらいには会場に着いていたほうがいいかもしれませんね
多くの方が新そばを召し上がっていました。

多くの方が新そばを召し上がっていました。



 

早速注文して、「いただきま~す!」
IMG_3046

写真では分かりづらいかもしれませんが、かなりの量。打ちたての新そばがこの量で一皿500円は大盤振る舞い!



標高900メートルの長和町和田地区松沢地籍でこの秋収穫された新そばを100%使用。

さらに、和田のおいしい水で打った風味豊かな手打ちそばです。

 

歯ごたえがあり、噛むたびお蕎麦の香りが口の中に広がります。

歯ごたえがあり、噛むたびお蕎麦の香りが口の中に広がります。



 

 

薬味は各テーブルの置かれており、セルフサービス式。

薬味は各テーブルの置かれており、セルフサービス式。



 

 

とても美味しいお蕎麦に舌鼓を打ったあとは、長和町をドライブ
まず向かったのは、「不動滝(ふどうたき)」。

不動滝へは、まずこのゲートを入ります。必ず、開けたら閉めてください。(鹿などが農地へ侵入するのを防ぐため。)

不動滝へは、まずこのゲートを入ります。必ず、開けたら閉めてください。(鹿などが農地へ侵入するのを防ぐため。)



ゲートから滝までの道は狭く、落枝などありますので十分気を付けてください!
IMG_3058

台風の影響でだいぶ葉が落ちてしまっていましたが、鮮やかな紅葉が見れました。



ちなみに車で滝のあるところまでは行けません。

ゲート(先の写真)から10分~15分くらいのところまで車で移動し、そこから10分くらい歩きます。(ちなみに、和田宿ステーションからゲートまでは車で約10分)

天気が良かったので、ハイキング感覚で気持ちよかったです
 

そして、到着!

IMG_3099

大迫力!間近まで近づけ、水しぶきを肌で感じられます!



この写真だと滝のスケールは分かるかな??

この写真だと滝のスケールが分かるかな??



 

滝の前には、休憩所も設置されていました。

滝の前には、休憩所も設置されていました。



 

滝のあとは、美ヶ原高原へ!
目的は、ずばり夕陽
まずは、道の駅「美ヶ原高原」(美ヶ原高原美術館)へ向かいます。(和田宿ステーションから車で約30分)

道の駅の駐車場に車を置き、建物から道を挟んだところにあるハイキング道を10分登ると牛伏山(うしぶせやま)頂上になります。

IMG_3121

ちょうど陽が沈むころに頂上へ到着!

ちょうど陽が沈むころに頂上へ到着!



IMG_3123

さすがにこの時間になると寒かったですが、美しい景色を満喫でき、寒さも忘れてひたすら写真をパシャリッ
 

帰りに、長和町にある道の駅「マルメロの駅ながと」に隣接している「かりん亭」で夕ご飯を食べて帰宅しました
 

長和町の食・自然を大満喫した一日でした。

 

 

LINEで送る

このブログのトップへ