じょうしょう気流 「上小(じょうしょう)地域」と聞いて、みなさんは長野県のどの地域を思い浮かべますか?「上小地域」は、上田市、東御市、小県郡長和町、青木村の2市1町1村からなり、群馬県の西側に接する地域です。「上小」には自然、歴史、文化、おいしい農産物など、さまざまな魅力がありますが、それらを上田合同庁舎の職員の目で見て綴り、皆さんにご紹介してまいります。

じょうしょう気流

「上小(じょうしょう)地域」と聞いて、みなさんは長野県のどの地域を思い浮かべますか?「上小地域」は、上田市、東御市、小県郡長和町、青木村の2市1町1村からなり、群馬県の西側に接する地域です。「上小」には自然、歴史、文化、おいしい農産物など、さまざまな魅力がありますが、それらを上田合同庁舎の職員の目で見て綴り、皆さんにご紹介してまいります。

長野県魅力発信ブログ > じょうしょう気流 > 林務課 > 治山現場のハイテク化(ドローン研修)

治山現場のハイテク化(ドローン研修)

こんにちは!森暮らしのねってぃです!!

 

今回は、発展し続ける先端技術(ハイテクノロジー)が、治山の現場でどのように活用されていくのかお話しするよ!

 

今日は、ドローン(無人航空機)の操作研修を受けました!!

ドローンを使うことで、今まで見ることができなかった角度や入れなかったところの撮影ができるんだ。

DSC04764

操作は簡単で、5分程度の指導で操作できるようなれたよ。

 

では早速撮影してみよう!

DCIM100MEDIADJI_0169.JPG

ここは「霊泉寺温泉」

謡曲「紅葉狩」に登場する平維盛が、鬼女を退治したあと此処の湯で傷を癒し、寺を建て霊泉寺と名付けられたと伝えられる温泉街。

この地区の上流で平成25年台風18号の豪雨で土砂が流出し災害の復旧と防止のため、治山ダムを施工したんだ。

 

 

DSC04765DCIM100MEDIADJI_0222.JPG

 

これが地上から撮影した写真。治山ダムがいくつか並んでいるのがわかるよね。ドローンを飛ばすとどんな写真がとれるかな?

 

 

2DSC04767DCIM100MEDIADJI_0228.JPG

これが上から撮った写真。木の近くはドローンが木の枝に当たらないよう慎重に操作しなきゃいけないんだ。

 

 

 

 

DCIM100MEDIADJI_0234.JPG

さらに上から撮った写真。地上約100mからとってみたよ

この写真からだと治山ダムの位置関係がわかるね。

一つ下流に大きい治山ダムを設置するより、小さな治山ダムを複数階段状に設置した方が、経済的にも機能的(土砂流出の防備)にも有効な場合があるんだ。

 

図2

これは真上から撮った写真。平成25年の台風18号災では沢から土砂が流出し霊泉寺川と市道被害を与えたんだ。

空中写真があると位置関係が把握しやすく、どういう状況なのかすごくわかりやすいよね。

 

ドローンを活用することで災害が発生したとき、素早く・わかりやすい調査ができるようになるんだ。

以上「治山現場のハイテク化」でした!

 

 

 

 

 

 

LINEで送る

このブログのトップへ