じょうしょう気流 「上小(じょうしょう)地域」と聞いて、みなさんは長野県のどの地域を思い浮かべますか?「上小地域」は、上田市、東御市、小県郡長和町、青木村の2市1町1村からなり、群馬県の西側に接する地域です。「上小」には自然、歴史、文化、おいしい農産物など、さまざまな魅力がありますが、それらを上田合同庁舎の職員の目で見て綴り、皆さんにご紹介してまいります。

じょうしょう気流

「上小(じょうしょう)地域」と聞いて、みなさんは長野県のどの地域を思い浮かべますか?「上小地域」は、上田市、東御市、小県郡長和町、青木村の2市1町1村からなり、群馬県の西側に接する地域です。「上小」には自然、歴史、文化、おいしい農産物など、さまざまな魅力がありますが、それらを上田合同庁舎の職員の目で見て綴り、皆さんにご紹介してまいります。

しあわせ信州 > 長野県魅力発信ブログ > じょうしょう気流 > その他 > 菅平高原で、ラグビーイタリア代表チームの練習を見てきました。

菅平高原で、ラグビーイタリア代表チームの練習を見てきました。

総務管理課のYama-Shinです。

上田市の菅平高原は、「ラグビー合宿のメッカ(聖地)」として有名ですが、来年(2019年)、日本で開かれるラグビーのワールドカップに出場するイタリア代表チームが、合宿に来てくれました。5月28日から練習を開始し、一般に公開されましたので、ちょっと見学に行ってきました。

イタリア代表チームの公開練習は、28日には「サニアパーク菅平」で、29日は宿泊先のプチ・ホテル「ゾンタック」のグランドで行われました。

ちなみに、菅平高原の宿泊施設では、それぞれがグランド等のスポーツ施設を保有していて、合宿中のチームに使われています。

練習の進め方としては、監督・コーチからの指示で局面毎のプレーをしては、細かな動きを選手と確認をする方法で、何回もプレーを繰り返していました。

IMG_3688-1

近くで見る、器具を使ったタックルの練習では、体をぶつける迫力がすごくて、本番でタックルされる選手の痛さが思いやられました。

また、何故かドローンを飛ばしていて(上の写真の円の中)、上空からプレーを撮影している模様で、練習後のチェックに使うのかと想像したりしていました。

IMG_3686-1

本番さながらの素早いパス回し練習では、あっと言う間にゴール近くまで走って行ってしまい、とてもスピード感がありました。

IMG_3667-1

チームカラーのブルーを基調とした桃太郎旗が、地域の至る所に設置されていて、歓迎ムードを盛り上げていました。

なお、イタリア代表チームは6月3日まで菅平高原に滞在して、2日(土)には長野市の長野Uスタジアムで、トップリーグのヤマハ発動機と親善試合を行います。お近くの方は是非、観戦に出掛けてみてはいかがでしょうか。

このブログのトップへ