じょうしょう気流 「上小(じょうしょう)地域」と聞いて、みなさんは長野県のどの地域を思い浮かべますか?「上小地域」は、上田市、東御市、小県郡長和町、青木村の2市1町1村からなり、群馬県の西側に接する地域です。「上小」には自然、歴史、文化、おいしい農産物など、さまざまな魅力がありますが、それらを上田合同庁舎の職員の目で見て綴り、皆さんにご紹介してまいります。

じょうしょう気流

「上小(じょうしょう)地域」と聞いて、みなさんは長野県のどの地域を思い浮かべますか?「上小地域」は、上田市、東御市、小県郡長和町、青木村の2市1町1村からなり、群馬県の西側に接する地域です。「上小」には自然、歴史、文化、おいしい農産物など、さまざまな魅力がありますが、それらを上田合同庁舎の職員の目で見て綴り、皆さんにご紹介してまいります。

長野県魅力発信ブログ > じょうしょう気流 > その他 > サントミューゼに宝塚歌劇全国ツアー公演を観に行ってきました

サントミューゼに宝塚歌劇全国ツアー公演を観に行ってきました

 

はじめまして。ちいさんに替わり4月からブログ管理人に着任したアルクママです。

 

着任早々、上田市交流文化芸術センターに宝塚歌劇全国ツアーを観に行ってきました。

 

「蚕都上田」の「サント」が愛称「サントミューゼ」に入っているこの施設の大ホールは、公式ホームページによると「音響性能に優れ、また客席と舞台までの最大視距離31mとし、観客と舞台の一体感が感じられるホール」とのこと。

まさに、宝塚歌劇の全国ツアーにぴったりのホールです。

1 2

 

 

演目は、司馬遼太郎の「燃えよ剣」「新選組血風録」を原案にしたお芝居と、「VOYAGER(航海者)」をテーマにしたショーの2本立て。

3

 

全国ツアーの楽しみの一つはご当地ネタのアドリブなのですが、上田公演でのご当地ネタは

 

その1 お芝居の中でお茶と一緒に出される「信州りんご」

その2 同じくお芝居の芹沢鴨とお梅のシーンで

「芹沢はん、うち鯉こく食べたいわー」「それは精がつきそうだなあ」

その3 ショーの中詰めでトップスター望海風斗さんがきらびやかな衣装で踊りながら

「野沢菜!」「おやき!」「信州そば!」「長野―!!」

と長野県全体イメージでした。鯉こくは佐久地域でしょうか。

 

ちなみに、アルクママは行けなかった昼の部では

その2が 「芹沢はん、うち美味だれ焼き鳥食べたいわー」

その3が 「上田城!」「六文銭!」「真田幸村!」「上田―!!」だったそうで、

こちらでは、しっかり上田の宣伝をしていただいたようです。

 

そして、終演後のあいさつでは、雪組副組長の奏乃はるとさんが「今すぐにでも上田城跡公園に夜桜を見に行きたい望海風斗がごあいさつを申し上げます」と望海さんを紹介され、望海さんが「副組長に先に言われてしまいました。ここに来るバスの中から上田城跡公園の桜が見え、本当はお花見に行きたかったのですが、公演があるのでここにいます。今度ゆっくり上田に来たいと思います。」とごあいさつされました。

 

そう、この日は上田城跡公園の桜が満開。

4

 

 

 

 

 

 

アルクママの撮影技術があまりに下手なため、美しい夜桜の写真は、この日の桜の様子を紹介してくれている商工観光課マルさんの投稿をごらんください。(こちら)

アルクママが帰宅途中、タカラジェンヌさん達を乗せたバスが自転車に乗るアルクママを追い越して上田城跡公園方面に上がって行くのが見えました。雪組のみなさん、車窓からだけでも上田の桜を楽しんでいただけたでしょうか。

 

そして、宝塚に全く興味がない方も、是非上田の桜を見にいらしてください。

LINEで送る

このブログのトップへ