じょうしょう気流 「上小(じょうしょう)地域」と聞いて、みなさんは長野県のどの地域を思い浮かべますか?「上小地域」は、上田市、東御市、小県郡長和町、青木村の2市1町1村からなり、群馬県の西側に接する地域です。「上小」には自然、歴史、文化、おいしい農産物など、さまざまな魅力がありますが、それらを上田合同庁舎の職員の目で見て綴り、皆さんにご紹介してまいります。

じょうしょう気流

「上小(じょうしょう)地域」と聞いて、みなさんは長野県のどの地域を思い浮かべますか?「上小地域」は、上田市、東御市、小県郡長和町、青木村の2市1町1村からなり、群馬県の西側に接する地域です。「上小」には自然、歴史、文化、おいしい農産物など、さまざまな魅力がありますが、それらを上田合同庁舎の職員の目で見て綴り、皆さんにご紹介してまいります。

長野県魅力発信ブログ > じょうしょう気流 > その他 > 写真を撮りたくなる可愛らしさ、真田REDアップルの「りんご最中」

写真を撮りたくなる可愛らしさ、真田REDアップルの「りんご最中」

 

こんにちは。

 

総務管理課のさくたろうです。

 

 

先日、うえだNaviコラボレーションSHOP 柳町屋の新商品「りんご最中」160円(税抜き)をいただいたので、ご紹介したいと思います。

りんご最中1

 

 

 

 

 

お店については上田建設事務所のOさんが、他の商品については総務管理課のちいさんが、以前にもご紹介していますので、下記よりご覧ください。

2017.05.17 『うえだNaviコラボレーションSHOP「柳町屋」&「アップルたまごタルト」』

2018.02.01 『柳町屋の「ホワイトたまごタルト」』

2018.02.08 『柳町屋の「甘酒たまごタルト」』

 

 

こちらの「りんご最中」には、上田市の老舗製餡所「名取製餡所」が作る白生餡に、JA信州うえだより誕生したりんごの新ブランド「真田REDアップル」の100%果汁を加えた、オリジナルの「りんご白餡」が使われています。

 

真田REDアップルの商品を、もっと気軽にお土産やお遣い物に利用したいという声に応えて、常温管理で賞味期限の長い商品として開発したそうです。

 

 

また、個人的に一番魅力的だと思ったのが、最中のこの形。

りんご最中2

 

 

 

 

 

上田市の市花である桜をイメージした、淡いピンク色の最中生地は、和菓子離れをしつつある若年層も思わず手を伸ばしたくなる見た目です。

 

食べるのがもったいないくらいでしたが、早速いただきました。

 

ご覧のとおり、中身の餡がぎっしりです。

りんご最中4

 

 

 

 

 

りんご白餡は、滑らかな口当たりで、りんごの爽やかな風味が白餡をくどくない甘さに仕上げていました。

 

小さくカットされた果肉も入っていました。

りんご最中3

 

 

 

 

 

パリパリとした最中生地とよく合っていて、とても美味しかったです。

 

まだまだ寒い日が続きますが、一足早く春を先取りした気分になりました。

 

 

皆様も是非こちらのお店で、地元の厳選素材を使用したお菓子を食べてみてはいかがでしょうか。

 

お土産にしたら喜ばれること間違いなしです!

 

 

 

 

 

うえだNaviコラボレーションSHOP 柳町屋

 

長野県上田市中央4丁目7-30(旧北国街道柳町通り)

0268-75-8728

営業時間:10:00~16:00

定休日:水曜日

 

LINEで送る

このブログのトップへ