じょうしょう気流 「上小(じょうしょう)地域」と聞いて、みなさんは長野県のどの地域を思い浮かべますか?「上小地域」は、上田市、東御市、小県郡長和町、青木村の2市1町1村からなり、群馬県の西側に接する地域です。「上小」には自然、歴史、文化、おいしい農産物など、さまざまな魅力がありますが、それらを上田合同庁舎の職員の目で見て綴り、皆さんにご紹介してまいります。

じょうしょう気流

「上小(じょうしょう)地域」と聞いて、みなさんは長野県のどの地域を思い浮かべますか?「上小地域」は、上田市、東御市、小県郡長和町、青木村の2市1町1村からなり、群馬県の西側に接する地域です。「上小」には自然、歴史、文化、おいしい農産物など、さまざまな魅力がありますが、それらを上田合同庁舎の職員の目で見て綴り、皆さんにご紹介してまいります。

長野県魅力発信ブログ > じょうしょう気流 > その他 > 「季寄せ庵 こいど」で旬の食材を使った会席料理 その➁

「季寄せ庵 こいど」で旬の食材を使った会席料理 その➁

 

こんにちは。

 

総務管理課のさくたろうです。

 

 

先日の『「季寄せ庵こいど」で旬の食材を使った会席料理 その①』の続きです。

 

 

こちらがこの日にいただいた、7,800円のお料理の一例です。

こいど11

 

 

 

 

 

仕入れによって、特に魚は当日の朝開いてみた状態によって、その食材に一番合ったお料理を決めるそうなので、こちらはあくまでその一例としてのご紹介ですが、ご参考になれば幸いです。

 

まずは、前菜の真サバ炙りです。

こいど15

 

 

 

 

 

土佐酢ゼリーの上には、真サバ炙りの他、グレープフルーツ、プチベール、銀葉草という新潟で採れた海藻が盛り付けられていました。

 

地元の食材だけではなく、日本各地にある美味しいものを提供するのが、小井土さんのこだわりだそう。

 

こういった珍しいものが食べられるのは、とても嬉しいですね。

 

 

お椀は、本ズワイ、小株、椎茸、菜の花、黄柚の澄まし

こいど13

 

 

 

 

 

色鮮やかな食材は、目でもお料理を楽しめました。

 

 

造りは、本マグロ、真タイ、アオリイカ

こいど12

 

 

 

 

 

奥の小さい器に入っているのは、昆布を塩で煮たもの。

こいど19

 

 

 

 

 

お刺身を昆布で食べるなんて、こんなに美味しい組み合わせがあるのかと、驚くことばかりでした。

 

 

焼き物は、寒鯖

こいど16

 

 

 

 

 

寒鯖の上には胡桃が乗っていて、奥の器にある占地(シメジ)の橙酢ソースでいただきます。

 

和食の型にはまらない、こちらも小井土さんのこだわりだそうです。

 

 

食事は、粒貝の釜炊き

こいど14 こいど18

 

 

 

 

 

粒貝の歯ごたえとみつばの香りが絶妙で、とても美味しかったです。

 

 

甘味は、富士リンゴの金団

こいど17

 

 

 

 

 

金団と言ったら栗のイメージでしたが、他の食材でも応用ができるのですね。

 

上に乗ったクリームチーズが、とてもよく合っていました。

 

 

カウンター席から見える冷蔵庫には、普段見掛けることのないようなお酒がずらっと並んでいました。

こいど3 こいど5

 

 

 

 

 

お酒も全国各地から仕入れていて、北は青森、南は佐賀のお酒があるとのこと。

 

 

プレゼントするのにもぴったりな、御食事招待券の販売を始めたそうです。

こいど6

 

 

 

 

 

 

 

自分では足を運ぶ機会の少ないお店だからこそ、誰かからこういったものを貰えると嬉しいですね。

 

 

また、12月から4月までの冬季限定ですが、お弁当の注文もできるそうです。(ご予約は1週間前まで、10個以上でお願い致します)

こいど7

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

なかなか行くことのできないお店で、大変貴重な経験が出来ました。

 

 

 

季寄せ庵 こいど

 

長野県上田市中央3-6-24

0268-71-6506
(予約専用電話番号 070-4390-9057)

営業時間:17:30~22:00

定休日:日曜日・不定休

 

LINEで送る

このブログのトップへ