じょうしょう気流 「上小(じょうしょう)地域」と聞いて、みなさんは長野県のどの地域を思い浮かべますか?「上小地域」は、上田市、東御市、小県郡長和町、青木村の2市1町1村からなり、群馬県の西側に接する地域です。「上小」には自然、歴史、文化、おいしい農産物など、さまざまな魅力がありますが、それらを上田合同庁舎の職員の目で見て綴り、皆さんにご紹介してまいります。

じょうしょう気流

「上小(じょうしょう)地域」と聞いて、みなさんは長野県のどの地域を思い浮かべますか?「上小地域」は、上田市、東御市、小県郡長和町、青木村の2市1町1村からなり、群馬県の西側に接する地域です。「上小」には自然、歴史、文化、おいしい農産物など、さまざまな魅力がありますが、それらを上田合同庁舎の職員の目で見て綴り、皆さんにご紹介してまいります。

長野県魅力発信ブログ > じょうしょう気流 > その他 > 「季寄せ庵 こいど」で旬の食材を使った会席料理 その①

「季寄せ庵 こいど」で旬の食材を使った会席料理 その①

 

こんにちは。

 

総務管理課のさくたろうです。

 

 

先日、上田市中央にある「季寄せ庵 こいど」におじゃましました。

こいど1

 

 

 

 

 

こちらのお店は以前Kさんがご紹介していますので、併せてご覧ください。

 

 

ちなみにですが、「懐石料理」「会席料理」の違い、みなさんはご存知ですか?

 

同じ読み方をするので、余計紛らわしいですよね。

 

歴史的な背景から説明するとちょっと難しいのですが、簡単にまとめると、

 

「懐石料理」の特徴

・古くは茶道の席で客人をもてなす料理

・茶を美味しく飲むための料理

・飯と汁は食事の最初に提供される

 

「会席料理」の特徴

・古くは歌や俳諧の席で出される料理

・お酒を嗜むための料理

・飯と汁は食事の最後に提供される

 

だそうです。

 

ちなみに、こちらのお店は「会席料理」です。

 

 

初めてお伺いしたのですが、一見お店には見えない佇まい…。

こいど2

 

 

 

 

 

それもそのはず、明治初期の古い土蔵をリフォームして作ったそうです。

こいど10 こいど9

 

 

 

 

 

店内は、とても落ち着く雰囲気です。

 

 

なお、お店は完全予約制

 

1階には厨房とカウンター席があり、2階には4人掛けのテーブル席がありました。

こいど3 こいど8

 

 

 

 

 

 

 

今回、店主の小井土さんにお話を伺うことができたのですが、若い方でびっくり。

 

お店の雰囲気から、ベテランの職人さんが店主をされているのかと思ったら、今年で36歳だそう。

 

お客様をお見送りする際も、よく驚かれるそうです。

 

 

そんな小井土さんは、上田市のご出身。

 

上田市内の高校を卒業後、東京都内の飲食店に就職。

 

その後、長野市の小料理屋、軽井沢町のホテルで勤務経験を重ねた後、兼ねてからの夢であった自分のお店を持ったそう。

 

1階のカウンター席は、一日一組の限定

こいど4

 

 

 

 

 

お店を出すにあたり、小井土さんが絶対にやりたい空間だったそうです。

 

 

さて、お店の紹介を済ませたところで、早速お料理を紹介したい…ところですが、長くなってしまうので、その➁に続きます。

 

次回をお楽しみに!

 

 

 

季寄せ庵 こいど

 

長野県上田市中央3-6-24

0268-71-6506
(予約専用電話番号 070-4390-9057)

営業時間:17:30~22:00

定休日:日曜日・不定休

 

LINEで送る

このブログのトップへ