じょうしょう気流 「上小(じょうしょう)地域」と聞いて、みなさんは長野県のどの地域を思い浮かべますか?「上小地域」は、上田市、東御市、小県郡長和町、青木村の2市1町1村からなり、群馬県の西側に接する地域です。「上小」には自然、歴史、文化、おいしい農産物など、さまざまな魅力がありますが、それらを上田合同庁舎の職員の目で見て綴り、皆さんにご紹介してまいります。

じょうしょう気流

「上小(じょうしょう)地域」と聞いて、みなさんは長野県のどの地域を思い浮かべますか?「上小地域」は、上田市、東御市、小県郡長和町、青木村の2市1町1村からなり、群馬県の西側に接する地域です。「上小」には自然、歴史、文化、おいしい農産物など、さまざまな魅力がありますが、それらを上田合同庁舎の職員の目で見て綴り、皆さんにご紹介してまいります。

長野県魅力発信ブログ > じょうしょう気流 > その他 > ながと製菓大島屋さんの「おからクッキー」

ながと製菓大島屋さんの「おからクッキー」

総務管理課のiです。今年初の投稿です。

今日は、長和町の「ながと製菓大島屋」さんの「おからクッキー」をご紹介します。

少し前に行われた上田合同庁舎定例記者会見の席でも、地域の特産品として記者さんたちご紹介しました。
IMG_6275

このクッキーはその名の通り、材料におからを使うことによって、ソフトな食感と見た目以上のボリューム感があります。

おからは、長和町にある豆腐店「とうふ工房築屋(きずきや)」さんのもので、国産大豆と長和町和田峠の「黒曜の水」が使われています。
クッキーの生地に使われている小麦粉は、長野県産100%のものです。

ひとくちかじると、口の中にふわっと優しく甘みがひろがり、おからのまろやかなソフトな感じとあいまって、おいしくぺろっといただいてしまいました。

ながと製菓大島屋さんは、おやきやまんじゅうをはじめとして様々な和菓子を作っており、地産地消、自給自足を目指しておやきの具材の野菜は自家栽培したものを使用されているそうです。
地元の小学校の給食の材料として自家栽培の野菜を提供したり、給食用のパンを焼くなど、和菓子にとどまらず様々な事業を行っています。

現在「おからクッキー」は、道の駅「マルメロの駅ながと」にある大島屋さんの店舗のほか、「長和町の小さな物産館 とびっ蔵」「やすらぎの湯」「ふれあいの湯」でも販売されています。

長和町に行った際にはぜひ足を運ばれてみてはいかがでしょうか。

 

有限会社ながと製菓大島屋
長和町古町2424-12
電話 0268-68-0158
営業時間 9時から17時
定休日 月曜日

 

 

 

 

 

 

LINEで送る

このブログのトップへ