じょうしょう気流 「上小(じょうしょう)地域」と聞いて、みなさんは長野県のどの地域を思い浮かべますか?「上小地域」は、上田市、東御市、小県郡長和町、青木村の2市1町1村からなり、群馬県の西側に接する地域です。「上小」には自然、歴史、文化、おいしい農産物など、さまざまな魅力がありますが、それらを上田合同庁舎の職員の目で見て綴り、皆さんにご紹介してまいります。

じょうしょう気流

「上小(じょうしょう)地域」と聞いて、みなさんは長野県のどの地域を思い浮かべますか?「上小地域」は、上田市、東御市、小県郡長和町、青木村の2市1町1村からなり、群馬県の西側に接する地域です。「上小」には自然、歴史、文化、おいしい農産物など、さまざまな魅力がありますが、それらを上田合同庁舎の職員の目で見て綴り、皆さんにご紹介してまいります。

長野県魅力発信ブログ > じょうしょう気流 > その他 > 「刀屋」で天ぷらとざるそば

「刀屋」で天ぷらとざるそば

 

こんにちは。

 

総務管理課のさくたろうです。

 

 

少し前になりますが、上田市中央の「刀屋」におじゃましました。

刀屋1 刀屋2

こちらのお店は、「上田市 蕎麦」で検索すると、必ず上位にヒットするほどの有名店。

 

改めてご紹介するまでもないかもしれないですが、どうやらこちらのじょうしょう気流では初登場のよう。

 

また、私自身が上田市生まれ上田市育ちでありながら、今まで行ったことがなく、初来店だったということもあるので、今回ご紹介したいと思います。

 

 

行列が絶えない人気店としても知られているので、少し遅めに行こうと13時を少し回ったころに到着しましたが、やはり土曜日のお昼時ということもあり、お店の外で20分ほど並びました。

 

席数は少ないですが、店員さんの慣れた客捌きで、回転率は比較的速いです。

 

お腹が空いていたので、並盛りくらいは余裕で食べられるだろうと思い、並盛りを注文しましたが、「当店は量があるので、まずは中盛りをおすすめします!」と言われたので、中盛りにしました。

 

「もしまだ食べられそうだということなら、差額をいただいてお蕎麦を追加します!」とのこと。

 

蕎麦通の方からは「邪道だ!」と言われてしまいそうですが、天ぷらの盛り合わせも頼みました。

 

手前が、私の注文した「ざるそば中盛り」700円(税込み)と「ちらし」750円(税込み)、左の奥が、同行者の注文した「もりそば並盛り」700円(税込み)です。

刀屋3

…なるほど、確かに中盛りでも豪快な量です。

 

店員さんのアドバイスを素直に聞き入れて正解でした。

 

どうやらこのお店の小盛りが、他のお店の普通盛りの量に当たるのだとか。

 

噂に聞いていたとおり、食べ応えのある硬く太い麺でした。

 

池波正太郎氏もこのお蕎麦を食べに通ったのか…としみじみ。

 

乱切りの田舎蕎麦は、しっかりと蕎麦の風味が感じられて、とても美味しかったです。

 

 

この日の天ぷらは、海老、茄子、さつまいも、かぼちゃ、ピーマン、舞茸でした。

 

サクサクの揚げたてで、とても美味しかったです。

 

 

初来店なのでシンプルにもりそばにしましたが、味噌のつゆでいただく「真田そば」も人気なようなので、次回はそちらを食べてみようと思います。

 

 

私のように「実はまだ行ったことがない!」という地元の方も、「せっかくだから信州名物を評判のあるお店で食べたい!」という遠方からお越しの方も、是非こちらの老舗蕎麦屋に訪れてみてはいかがでしょうか。

 

 

 

刀屋

 

〒386-0012
長野県上田市中央2-13-23

0268-22-2948

営業時間 11:00~18:00

定休日 日曜日

 

LINEで送る

このブログのトップへ