じょうしょう気流 「上小(じょうしょう)地域」と聞いて、みなさんは長野県のどの地域を思い浮かべますか?「上小地域」は、上田市、東御市、小県郡長和町、青木村の2市1町1村からなり、群馬県の西側に接する地域です。「上小」には自然、歴史、文化、おいしい農産物など、さまざまな魅力がありますが、それらを上田合同庁舎の職員の目で見て綴り、皆さんにご紹介してまいります。

じょうしょう気流

「上小(じょうしょう)地域」と聞いて、みなさんは長野県のどの地域を思い浮かべますか?「上小地域」は、上田市、東御市、小県郡長和町、青木村の2市1町1村からなり、群馬県の西側に接する地域です。「上小」には自然、歴史、文化、おいしい農産物など、さまざまな魅力がありますが、それらを上田合同庁舎の職員の目で見て綴り、皆さんにご紹介してまいります。

上田ブラウニー

総務管理課のiです。

上田合同庁舎では、定例の記者会見で、記者の皆さんに地域の産品をご紹介しています。

今回は上田市にある洋菓子店の「ペストリーブティック ストーリー」さんの「上田ブラウニー」を
ご紹介しました。

IMG_4739
「上田ブラウニー」は、上田市のおうち料理研究家の王鷲美穂さんが考案し、昨年行われた上田市合併
10周年記念事業の「信州上田ベジフルなないろスイーツコンテスト」のベジタブル部門で最優秀賞を受
賞したもので、今年からストーリーさんで販売されています。

よく目にするブラウニーとは異なり、材料に大根、大豆、米粉が使用されています。大根は主に上田市
産、米粉は長野県産のものを使用し、大豆は「こうじいらず」という上田在来の品種を使用しています。

チョコレートを使った濃厚な生地と、大根や大豆の食感や風味を楽しめる商品となっているとのことで、
生地のもっちり感、チョコのねっとり感、大豆などの歯ごたえが混ざり合い、おいしくいただきました。

「ストーリー」さんは2007年にオープンして以来、「目で感動、食べて感動のお菓子をお客様にお送り
する」ことをコンセプトとし、地元に愛されている洋菓子・焼菓子専門店です。
オーナーシェフは実家がぶどう農家であり、県内の様々なフルーツを農家から直接仕入れ、自社で加工
したものをお菓子に活用するなど、地産地消の推進や6次産業化などの活動に積極的に関わっておられ
ます。

「上田ブラウニー」は現在、アリオ上田店、松尾町フードサロンなどでも販売 されています。

ぜひ、ご賞味ください。

 

ペストリーブティック ストーリー
上田市大字秋和538-1
電話 0268-75-1072

 

 

 

 

 

 

LINEで送る

このブログのトップへ