じょうしょう気流 「上小(じょうしょう)地域」と聞いて、みなさんは長野県のどの地域を思い浮かべますか?「上小地域」は、上田市、東御市、小県郡長和町、青木村の2市1町1村からなり、群馬県の西側に接する地域です。「上小」には自然、歴史、文化、おいしい農産物など、さまざまな魅力がありますが、それらを上田合同庁舎の職員の目で見て綴り、皆さんにご紹介してまいります。

じょうしょう気流

「上小(じょうしょう)地域」と聞いて、みなさんは長野県のどの地域を思い浮かべますか?「上小地域」は、上田市、東御市、小県郡長和町、青木村の2市1町1村からなり、群馬県の西側に接する地域です。「上小」には自然、歴史、文化、おいしい農産物など、さまざまな魅力がありますが、それらを上田合同庁舎の職員の目で見て綴り、皆さんにご紹介してまいります。

長野県魅力発信ブログ > じょうしょう気流 > その他 > 野沢菜のおやき(その1)

野沢菜のおやき(その1)

地域政策課のiです。

先日、長和町の竹内農産さんのおやきをいただく機会がありました。

竹内農産さんは長野県魅力発信ブログのお取り寄せサイトの「カウナガノ」
にも出店されています(⇒こちら

いただいたのはおやきが5種類。
おやきというと思い浮かぶのは、野沢菜、大根、なす、あんこなどですが、
こちらの おやきは野沢菜なのですが、他とはちょっと違います。

まずはご覧ください。
IMG_4281
左上から「野沢菜油炒め」「しっとりあずき」「野沢菜じゃがバター」
左下から「野沢菜ぎょうざ」「野沢菜オムちーず」です。
冷凍パックされています。

竹内農産さんは本物の野沢菜の味わいを追求されていて、おやきにも
野沢菜をいろいろに使っています。
(ホームページはこちら

それでは一つずつ味わってみましょう。

まずは「野沢菜油炒め」から。
IMG_4284
油炒めですがしつこくなく、塩気がいい感じです。
野沢菜の葉のトッピングが美しいです。

次は「しっとりあずき」です。
IMG_4286
しっとりした甘さ控えめのつぶあんはしつこさがなく、大きいけれど
ペロリと食べられました。あんこたっぷりだけど、軽めで美味です。
皮の緑はヨモギではなく、野沢菜粉末によるものだそうでびっくりです。

三つめは「野沢菜じゃがバター」です。
IMG_4282
初めて食べましたが、ジャガイモのホクホク感があってとてもおいしく
いただきました。
バター風味のジャガイモの中に野沢菜が入っていますが、野沢菜の味も
負けてなくて、しっかり野沢菜じゃがバターになっていました。

(つづく)

株式会社竹内農産
長和町和田1623
電話 0268-88-2071 

 

LINEで送る

このブログのトップへ

CLOSE