じょうしょう気流 「上小(じょうしょう)地域」と聞いて、みなさんは長野県のどの地域を思い浮かべますか?「上小地域」は、上田市、東御市、小県郡長和町、青木村の2市1町1村からなり、群馬県の西側に接する地域です。「上小」には自然、歴史、文化、おいしい農産物など、さまざまな魅力がありますが、それらを上田合同庁舎の職員の目で見て綴り、皆さんにご紹介してまいります。

じょうしょう気流

「上小(じょうしょう)地域」と聞いて、みなさんは長野県のどの地域を思い浮かべますか?「上小地域」は、上田市、東御市、小県郡長和町、青木村の2市1町1村からなり、群馬県の西側に接する地域です。「上小」には自然、歴史、文化、おいしい農産物など、さまざまな魅力がありますが、それらを上田合同庁舎の職員の目で見て綴り、皆さんにご紹介してまいります。

長野県魅力発信ブログ > じょうしょう気流 > 環境課 > セミのぬけがらから考える環境の変化~環境学習会

セミのぬけがらから考える環境の変化~環境学習会

こんにちは。環境課のAです。

6月29日に「豊かな環境づくり上小地域会議」主催による環境学習会が開催されました。

今回の学習会は、「セミのぬけがらから考える環境の変化」をテーマに、

長野県環境保全研究所自然環境部の栗林正俊技師からご講演をいただきました。

無題8

長野県内の気温は年々少しずつ上昇していて、その少しの変化に敏感に生き物は反応するそうです。

その生き物の中でも「セミ」に着目し、ぬけがらを収集することで環境変化を読み解いているそうです。

ぬけがらを収集することで、その地域にどんな種類のセミが生息しているのかが分かり、

それを継続的に行うことで、気候変化に伴ってセミの生態はどう変わっているのかが把握できるのです。

長野県環境保全研究所では県内6か所(長野・上田・飯田・大町・松本・伊那)で毎年調査を行っています。

今年度、上田では8月8日に染屋の森で実施されます。

セミと温暖化の関係に興味をお持ちの方は、ぜひ参加してみてください!

※セミのぬけがら調査参加者→http://www.pref.nagano.lg.jp/kanken/jisseki/koza/gakushukoryu/documents/h30semi.pdf

※※2013年のセミのぬけがら調査の記事→http://blog.nagano-ken.jp/josho/info/289.html

 

LINEで送る

このブログのトップへ