北信州からごきげんよう

北信地域の現地機関からのお知らせとともに、千年風土の豊穣の地「信越自然郷」の魅力をお届けします。

長野県魅力発信ブログ > 北信州からごきげんよう > 信越自然郷の食文化・味 > 「風さやか」の食味試験に参加しました!

「風さやか」の食味試験に参加しました!

こんにちわ、農政課のYとKとNです。

皆様、「風さやか」というお米をご存知でしょうか。

「風さやか」は、平成25年3月に品種登録されたばかりの長野県のオリジナル品種米で、食味・食感に優れ、口に含むと甘みとともに豊かな香りが広がるのが特徴です。

風さやか1   風さやか2

新しいお米の品種は、多くの方が関与し、多くの試験を経て、ようやく出来上がります。

先ごろ、管内で施肥試験された「風さやか」について食味試験が農業試験場で行われ、審査員として参加しました。

K(お皿に盛り分け中)

K(お皿に盛り分けた試験米。中央が基準米。)

食味試験は、同じ条件で炊き上げたご飯を「香り」「外観(色つや、粒の形)」「味」などの観点で食べ比べします。他人の意見に左右されないように黙々と行われます。

K

 

 

 

 

 

(黙々と食べ比べ)

初めての参加だと、どれも同じく感じられ、違いが難しく感じられました。

農業試験場では、例年12月から1月にかけ、ほぼ毎日のように食味試験を行っているそうです。

今後、今回の食味試験を含めて試験結果がとりまとめられ、消費者によりよい評価が得られる「風さやか」に向けて栽培方法が確立されていきます。

LINEで送る

このブログのトップへ