北信州からごきげんよう 北信地域の現地機関からのお知らせとともに、千年風土の豊穣の地「信越自然郷」の魅力をお届けします。

北信州からごきげんよう

北信地域の現地機関からのお知らせとともに、千年風土の豊穣の地「信越自然郷」の魅力をお届けします。

うんめぇ「北信州ふーど」 ~ 笹ずし ~

「笹(ささ)ずし」は、平成12年に「長野県選択無形民俗文化財」に認定された飯山の郷土料理で、

戦国時代から伝わる野趣豊かな押しずしです。

 

sasaP1000665P1000667

熊笹の上に酢飯をおき、ゼンマイ、シイタケ、鬼グルミ、大根の味噌漬けの油炒めなど

季節の具をのせた素朴な山里のすしで、笹の香りと素朴で自然な味わいは、

「ふるさと」の味そのものです。

 

食べ方は、掌の上にのせ、スライドさせながら笹を下に引き、笹から離れたところを食べます。 1

 

sasaP1000693sasaP1000688

北信合同庁舎から見える風景・・・

青々とした田畑が広がり、農作業をしている人が見え、午前10時、「こびれ」(農作業の合間に食べる

おやつ(間食)) 2 の時間には、市の有線放送からの音楽がのどかに流れてきます。

 

飯山地方では冠婚葬祭や晴の日のおもてなし料理でもある『笹ずし』は、「こびれ」にもぴったりですね。

 

sasa菜の花弁当写真

こちらは、時折デリバリーしていただくお弁当。

「笹ずし」のほか、「芋なます」、「えご」などの郷土料理が入っていて、飯山の味を満喫できる

とっても美味しいお弁当です。

 

1 2

このブログのトップへ