北信州からごきげんよう

北信地域の現地機関からのお知らせとともに、千年風土の豊穣の地「信越自然郷」の魅力をお届けします。

長野県魅力発信ブログ > 北信州からごきげんよう > 信越自然郷の自然・景観・名所 > 自然保護レンジャー委嘱式と講演会を開催しました

自然保護レンジャー委嘱式と講演会を開催しました

環境課のY形です。6月11日(月)に北信合同庁舎で長野県自然保護レンジャー(北信)の委嘱式環境省自然保護官による講演会を開催しました。

H300611ranger1 H300611ranger2

委嘱状の交付               レンジャー代表者によるごあいさつ

DSC_0052.cleaned

藤澤北信地域振興局長あいさつ

長野県自然保護レンジャーとは、自然公園等を利用される方に対し、動植物や景観の保護、施設の利用等について適切な指導を行うことなどの活動を行っていただくため、県知事が3年間の任期で委嘱するものです。

当北信管内では11名の方が委嘱され、うち8名の方々が当日の委嘱式に参加されました。今後、上信越高原国立公園志賀高原地域や県自然環境保全地域の鳥甲山、郷土環境保全地域の小菅山や高社山、ほかに野沢温泉と斑尾高原において自然環境の保全と自然公園等の適正な利用のために活動されます。みなさんもレンジャーさんから何か指導を受けるようなことがあった際にはよくお話を聞いてみてください。

委嘱状交付式に続いては、環境省信越自然環境事務所志賀高原保護官事務所の服部恭也自然保護官から「上信越高原国立公園志賀高原地域について」と題してご講演をいただきました。

H300611kouenkai1DSC_0056.cleaned

講演の様子              50名を超す参加者がありました

DSC_0073.cleanedH300611kouenkai2

自然公園についての説明          会場からの質疑に答える服部保護官

ご講演では、自然公園とは何かというお話から、現在環境省でパブリックコメントを実施中の「上信越高原国立公園(志賀高原地域)の公園計画の変更案」についてもご説明がありました。これまで大きな割合を占めていた普通地域の多くを特別地域に格上げすることなどを含むもので、会場からは熱心な質問が出され、保護官からも丁寧にお答えいただき、自全環境の保全と活用という一見相反する難しい問題について、私たちも考えを深める貴重な機会となりました。

 

 

LINEで送る

このブログのトップへ