北信州からごきげんよう 北信地域の現地機関からのお知らせとともに、千年風土の豊穣の地「信越自然郷」の魅力をお届けします。

北信州からごきげんよう

北信地域の現地機関からのお知らせとともに、千年風土の豊穣の地「信越自然郷」の魅力をお届けします。

長野県魅力発信ブログ > 北信州からごきげんよう > 信越自然郷の自然・景観・名所 > 地球温暖化の現状と対策についての講演会を開催しました!

地球温暖化の現状と対策についての講演会を開催しました!

去る4月26日(木)、北信合同庁舎において「地球温暖化の現状と対策について」と題して講演会が開催されました。
H30.4.26kouen1
主催は「豊かな環境づくり北信地域会議」、講師は長野県地球温暖化防止推進員の山岸恒夫先生でした。
H30.4.26kouen2
ご講演では、名前は聞いたことがあるけれどよくわからない「ICPP」とは、に始まり、これまでの地球の温度上昇とその結果生じている身の回りの自然や農作物への影響、今後の温度上昇とその影響の予測、それから今後私たちがどう備え、どうCO2を減らしていけるのかについて、動画なども交えながら短い時間でわかりやすくお話しいただきました。

 

H30.4.26kouen3 H30.4.26kouen4

また、うちエコ診断士でもある先生から「うちエコ診断」の受け方についてのご説明もあり、最後にはパソコンやスマホのサポートなども行っている中野市の公民館活動(新技術振興会)についてもご紹介がありました。

ご講演後の質疑応答では、北信地域に向いている自然エネルギーは、との質問に、「豪雪地ということで敬遠されている太陽光発電も、雪の落とし方、溶かし方などを工夫すれば十分設置できる。アイディアというのは1,000出して3つうまくいけばしめたもの。いろいろな試行錯誤が必要」とのアドバイスをいただきました。

山間地が多く豪雪地でもある北信地域は、雪氷熱や小水力などのまだ使われていないエネルギーが豊富にあります。最近、県外の事業者が再生可能エネルギー固定価格買取制度(FIT)を利用した発電事業をいくつか計画していますが、県では地域の皆様が自ら実施し、地域が潤う地域主導型の自然エネルギー事業を促進していきたいと考えています。

 

 

LINEで送る

このブログのトップへ