北信州からごきげんよう 北信地域の現地機関からのお知らせとともに、千年風土の豊穣の地「信越自然郷」の魅力をお届けします。

北信州からごきげんよう

北信地域の現地機関からのお知らせとともに、千年風土の豊穣の地「信越自然郷」の魅力をお届けします。

長野県魅力発信ブログ > 北信州からごきげんよう > 信越自然郷の自然・景観・名所 > お待たせしました!夏の焼額山フルオープン!(開山祭に行ってきました)

お待たせしました!夏の焼額山フルオープン!(開山祭に行ってきました)

7月30日、志賀高原の焼額山において、焼額山神社祭礼および焼額山開山祭が挙行されました。

当日の天気は曇り。神事は山頂の神社で行われました。

霧がかかる稚児池のほとりにある神社は、とても神秘的でした。

IMAG1415(2)

 

焼額山(標高2,009m)は、一の瀬側と奥志賀側に登山口があり、どちらからでも登れます。

一の瀬側から登って奥志賀側に下山する場合の所要時間は、次のとおりです。

「一の瀬寮前バス停」徒歩約5分⇒「焼額山登山道入り口」⇒徒歩約65分⇒「焼額山山頂」⇒徒歩約60分⇒「奥志賀高原ホテルバス停」

全長約7km、標高差約400mで、およそ半日の高原トレッキングコースになっています。

 

IMAG1435

山頂付近には湿原が広がっていて、約15分で散策できます。

鳥のさえずりを聞きながら、水芭蕉や苔などの間を縫う木道を歩いていくと・・・

IMAG1401

IMAG1402

噴火口の跡にできた稚児池にたどり着きます。池の周りには、オオシラビソやコメツガなどの原生林が広がっています。

 

IMAG1390

 

稚児池を約半周するような形で木道が続いていて、

IMAG1392

 

池のほとりでは山の植物も見られます。

(↓赤いのはモウセンゴケで、虫を捕食する植物だそうです)

IMAG1404

 

池の水は、意外にも「冷たい!」と感じるほどには冷えておらず、そこそこの冷たさでした。(地熱のせいでしょうか??)

しかし、ここは山の上。高原の風は夏とは思えない涼しさで、快適でした。

 

志賀高原には、原生林や多くの湖沼があり、志賀高原観光協会が設定しているトレッキングコースはこの「焼額山登山コース」を含め、20コースもあるそうです。

初級⁄ファミリー向けの遊歩道から、上級⁄健脚向けの登山道までバリエーションが豊富です。

体力・目的に合わせたコースを選んで、トレッキングに出かけてみてはいかがでしょうか。

 

なお、焼額山をはじめ、志賀高原付近の観光情報は、山ノ内町公式ウェブサイトなどに詳しく書かれていますのでご参照ください。

LINEで送る

このブログのトップへ