北信州からごきげんよう 北信地域の現地機関からのお知らせとともに、千年風土の豊穣の地「信越自然郷」の魅力をお届けします。

北信州からごきげんよう

北信地域の現地機関からのお知らせとともに、千年風土の豊穣の地「信越自然郷」の魅力をお届けします。

長野県魅力発信ブログ > 北信州からごきげんよう > 信越自然郷の自然・景観・名所 > 飯山・戸狩のあじさい寺は、7月中旬までが見頃です!

飯山・戸狩のあじさい寺は、7月中旬までが見頃です!

信州DCが始まって1週間経ちましたが、梅雨明け宣言はまだまだの様子。しばらくは雨空とのお付きあいの日々なのでしょうか。(北九州地方では豪雨災害も!お見舞い申し上げます。)

さて、そんな梅雨空にお似合いな花といえば、やっぱり・・・・・。

 

 

 

 

20170707124400001

あじさい!!  ですね。

 

全国には「あじさい寺」で有名なお寺がいくつかありますが、飯山市戸狩地区高源院(こうげんいん)もその一つです。

戸狩地区は積雪の多い地域のため、あじさいの開花時期が遅く、県内でもかなり遅い6月下旬から7月中旬が見頃となっています。

 

飯山市に出張したついでに、お昼休みを利用して見てきましたので、ご紹介します。

高源院は、戸狩温泉スキー場の麓にある古刹で、鎌倉時代に開山したそうです。このお寺の参道には、約1万本(!!)のあじさいが植えられています。

2017070712430000

(入口の案内板)

 

お寺の脇にある駐車場からみても、満開のあじさいアジサイ紫陽花!色が鮮やかです。

2017070712540000

 

参道を囲むように杉並木があるため、あじさいへの日照の差が大きくなり、また、あじさいの種類も多いため、比較的長期間花を楽しむことができるんだそうです。

2017070712440001

杉並木のあじさい

 

山門や本堂は、江戸中期~後期の建立。あじさいの青が似合います。

2017070712450000

(山門前でとおせんぼするあじさい)

 

2017070712460001

(あじさい越しに見る本堂)

 

御本尊様にもお参り。

20170707124900002

本堂の中には駕籠がぶら下げてあったのはちょっとびっくりでした。由緒あるゆえの駕籠なのかな。

2017070712490001

 

高源院の境内は、観音様やお地蔵様を拝むことができる周遊スペースもあるそうです。

雨空の合間のお出かけ日和になりましたら、一度訪れてみてはいかがでしょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

LINEで送る

このブログのトップへ