北信州からごきげんよう

北信地域の現地機関からのお知らせとともに、千年風土の豊穣の地「信越自然郷」の魅力をお届けします。

飯山紅葉の寺巡り!(その1)

最近めっきり投稿が少なくなってしまった地域政策課の座高一です。

11月3日、お天気に誘われ、飯山がえびす講だというので、飯山にふらりと行ってきました。

えびす講の話題は、きっと誰かが投稿してくれると信じ、私は、紅葉が始まったお寺の様子をご案内したいと思います。

 

飯山伝統産業会館の駐車場に車を止め、てくてくと歩き始めると見えてきたのが、「西敬寺」さん。門、鐘楼、真っ赤なもみじがきれいですね。本堂とのコラボもなかなかいいですよね。

西敬寺1 西敬寺2

 

 

 

 

 

 

 

 

更に北へ(雁木通りの方へ)てくてくと歩きます。雁木通りの入口の交差点から左を見ると「称念寺」さんです。もみじに埋もれているようなお寺です。

称念寺1 称念寺2

 

 

 

 

 

 

 

 

境内の中も、もみじで一杯。まだ、みどりの葉も多いですが、来週あたりは真っ赤に染まっているかもしれません。

称念寺4 称念寺3

 

 

 

 

 

 

 

 

雁木通りを北へ進むと見えてきた看板。通りからも分かりやすく表示されています。こちらのお寺には、山門前に大きな銀杏の木が1本。黄色くなり始めていました。

常福寺1 常福寺2

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

常福寺さんの山門まで行くと、寺巡り遊歩道の看板(ごめんなさい。写真を撮り忘れました。)に気が付き、そちらを歩いてみることに。遊歩道の傍らに花が植えられていました。地元の方がお手入れをしてくださっているのでしょうか。

遊歩道

 

 

 

 

 

 

 

 

唐突ですが、この続きはその2で投稿します。

それでは、またお会いしましょう。

 

飯山の寺巡りについて、いいやま史跡連絡協議会さんのホームページをご覧ください。

LINEで送る

このブログのトップへ