北信州からごきげんよう 北信地域の現地機関からのお知らせとともに、千年風土の豊穣の地「信越自然郷」の魅力をお届けします。

北信州からごきげんよう

北信地域の現地機関からのお知らせとともに、千年風土の豊穣の地「信越自然郷」の魅力をお届けします。

長野県魅力発信ブログ > 北信州からごきげんよう > 信越自然郷の歴史・文化・暮らし > 歴史ある農業用施設 第4弾 ~野沢温泉村 奥山堰と丸石積~

歴史ある農業用施設 第4弾 ~野沢温泉村 奥山堰と丸石積~

こんにちは! 
農地整備課職員 おいち です(^^)/

歴史的な農業用施設 第4弾 野沢温泉村「奥山堰」
2回目は、奥山堰にゆかりある場所をご紹介します。

No5

 

[こんなところに奥山堰] 

こちらは、上ノ平高原 巣鷹湖にやってきました!

No9

湖畔にはキャンプ場やコテージがあり、アウトドアレジャーを楽しむことができます。
地元の子供たちだけでなく、首都圏の小学生たちもキャンプに訪れるそうです。

巣鷹湖にも、奥山堰の水が流れ込んでいます。
この日は、観光シーズンに向けて、奥山堰の流入口近くから魚を放流していました。

No10

奥山堰の水は、農業だけではなく、地域の観光にとっても恵の水になっているようです。

No11

豊かな自然の中で釣りやキャンプを楽しみながら、家族や友人とゆっくり過ごす秋の休日。
・・・なんていかがでしょうか??

[奥山堰の記念碑と丸石積]

ここは、野沢温泉村 平林。奥山堰がたどりつく地です。
國中平神社の境内に、奥山堰の記念碑がたてられています。

No12

No13

石碑には、「奥山堰 開鑿(さく) 紀念(記念)碑」 の文字が刻まれています。

 

台座部分をごらんください!
いかがでしょうか、この石積み!

これは、”丸石積”という特殊な石積みです。
平林村に生まれ、江戸~明治にかけて活躍した石工 丸山忠右衛門によって考案されました。

忠右衛門は、ペリー来航の際、品川沖砲台場(現在の東京 お台場)の築造に
弟子たちと共に参加しています。
当時、とても優秀な石工だったことがうかがえます。

No14

石鎚とノミを使って石に丸みを帯びさせており、
大きな石のどっしりとした重厚感と、石ひとつひとつの緻密なかみ合わせが、
堅牢で優美な、独特の雰囲気を漂わせています。

この石積みは、野沢温泉村や周辺市町村、広くは新潟県にも広がり、
各所で丸石積の技法を見ることができるそうです。
こちらは、村内にある別の丸石積。

No15

 

DSC_1213
        野沢温泉村 麻釜(おがま)
いかがでしたか?
奥山堰のふるさとと、歴史に触れる旅。
野沢温泉村へお出かけの際は、
ゆっくり温泉につかって、おいしい温泉まんじゅうを食べながら、
ぜひ、農業用施設と地域の歴史にも思いを巡らせてみてください(^^)

LINEで送る

このブログのトップへ