北信州からごきげんよう 北信地域の現地機関からのお知らせとともに、千年風土の豊穣の地「信越自然郷」の魅力をお届けします。

北信州からごきげんよう

北信地域の現地機関からのお知らせとともに、千年風土の豊穣の地「信越自然郷」の魅力をお届けします。

長野県魅力発信ブログ > 北信州からごきげんよう > 信越自然郷のイベント > 「信州つけ焼そばフェア」開催にあたって記者会見が行われました。

「信州つけ焼そばフェア」開催にあたって記者会見が行われました。

こんにちは、農政課S2号です。

 

「明日はきのこを食べようプロジェクト」(以下「あすきのプロジェクト」という)の取組みの一貫である特色ある「きのこ料理」として、中野市において、「きのこ」と以前中野市で人気のあった「つけ焼そば」をコラボし「信州つけ焼そば」が誕生しました。

この「信州つけ焼そば」を地域に広く宣伝するため、11月19日(日)から12月17日(日)まで「きのこ料理フェア」の第1弾として中野市内の8店舗において「信州つけ焼そばフェア」を開催することとなりました。

このフェアに先立ち、「あすきのプロジェクト」及び「信州つけ焼そばフェア」の開催についての記者会見が11月17日(金)午前11時から県庁で行われました。

記者会見では、「信州つけ焼そば」の試食も行い、各報道機関の皆様に食べていただきました。近年では、このような地域フードの開発は少なく、集まった報道機関の方々も興味津々での記者会見となりました。

今後、この「信州つけ焼そば」が「ご当地グルメ」として県内のみならず全国に認識してもらえるようになりたいと関係者一同意気込んでいます。

きのこフェア1

<信州つけ焼そばフェアポスター>

きのこフェア2きのこフェア3

<記者会見の様子>

きのこフェア4

<信州つけ焼そばの試食の様子>

きのこフェア5

<記者会見 出席者一同>

左から

竹内きのこ園 代表 竹内篤史 氏

季節料理和喜多 代表 脇田綱偉 氏

小池えのき  代表 古屋健太 氏

そうげんラーメン 店長 有賀邦宏 氏

JA中野市

きのこ技術課 課長 篠田清嗣 氏

北信地域振興局

農政課    課長 雫田幸和氏

きのこフェア6

<記者会見後、せっかくなので知事へも試食をお持ちしました。おいしいと言っていただけたそうです。>

 

LINEで送る

このブログのトップへ