北アルプスCOOL便

北アルプス山麓に広がるこの地域の大自然はもちろん、 歴史、文化、おいしい食べ物など、さまざまな魅力を皆さんにお届けします!

長野県魅力発信ブログ > 北アルプスCOOL便 > その他 > 建設現場でのドローンの活用が進んでいます

建設現場でのドローンの活用が進んでいます

大町建設事務所のKです。

建設現場では生産性の向上を図るためICT(情報通信技術)の導入が進められており、特にドローン(無人飛行体、UAV)の活用が進んでいます。その用途は工事の進捗管理や空撮写真を利用した現場の3Dモデル作成、さらには造成工事の土量確認(どれだけ掘ったり、盛ったのかが瞬時に確認できます。)などで、さまざまな場面で業務を効率化しています。

DSC_1999 (1)先日、大町建設事務所の技術職員を対象としたドローン研修を実施しました。

 

 

 

 

 

 

操縦前点検、安全管理について学んでいます。

 

 

 

 

 

 

DSC_2003ほとんどの職員が初めての操縦でしたが、意外とスムーズに操縦できました。

 

 

 

 

 

 

 

DSC_0004_1研修後、実際に工事現場でドローンを飛ばしてみました。(大町建設事務所では1機所有しています。)

 

 

 

 

 

 

広範囲を撮影できるので工事の進捗撮影に便利です。

今後は、操縦テクニックを磨き、雪崩危険個所や高所で容易に近づくことのできない箇所の撮影に活用したいです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

LINEで送る

このブログのトップへ