北アルプスCOOL便

北アルプス山麓に広がるこの地域の大自然はもちろん、 歴史、文化、おいしい食べ物など、さまざまな魅力を皆さんにお届けします!

長野県魅力発信ブログ > 北アルプスCOOL便 > その他 > 【北アルプス国際芸術祭 ボランティア編】源流エリアでボランティア!!

【北アルプス国際芸術祭 ボランティア編】源流エリアでボランティア!!

地域振興局のMKです。 作品展示場での受付等を行うボランティアサポーター活動に参加しました。

まずは、ボランティアサポーターの活動受付専用フォームからエントリー。6月10日土曜日の活動に申し込みました。

すると、その日の晩に、当日の集合場所や時間、持ち物等のお知らせメールが届きました。 当日は8時30分に信濃大町駅前インフォメーションセンターに集合。お知らせメールの内容に従って、動きやすい服装で、昼食と飲み物を持って向かいました。

この日の天気予報ではお昼頃から雨。少し暖かめな服装で向かいました。 インフォメーションセンターには既に大勢のサポーターが集まっており、中央のホワイトボードには、作品名と担当サポーターの一覧が記載されています。ここで、自分がどの作品を担当するのか、誰とペアになるのかが初めて分かります。

 

ホワイトボード
出席確認の点呼で当日の説明会がはじまります。点呼では、皆が大きな声で返事。続いて活動内容の説明。鑑賞パスポートへの入場確認スタンプ押印、当日券の販売、サイトの開け閉め、問合せへの対応が主な役割です。

最後は台湾からのボランティアサポーターの掛け声「エイ・エイ・ガー!(オー!じゃないところが台湾スタイル)」で出発です。

受付セットを持って、缶バッチと青のバンダナ、名札を身に着けて送迎の車に乗り込みます。

 

 

私が担当したのは、源流エリア(大町温泉郷)に設置されている、隣り合う二つの作品。

大岩オスカールさんの「夢の部屋」、新津保建秀さん+池上高志さんの「不可視な都市:ロンググッドバイ」です。

大町市のジェントルマンNさんとSさん、そして私の3人で活動します。

 

IMG_20170610_090500 IMG_20170610_123809
Sさんは2回目の参加ということで、Sさんアドバイスと、受付セットの中のマニュアルに沿って、10時の開場に向けた準備を進めます。

ここで思わぬトラブル発生。新津保さん達の作品の○○から○○が出ない!あれこれ試すも改善せず。事務局からの応援が来て、やっと正常に。こちらは5分ほど遅れての開場となりました。開場と同時に来場した方には、オスカールさんの作品や他の源流エリアの作品を先に楽しんでいただきました。

ひと段落後も一息つく間はなく、来場者が途切れることはありません。お昼前から降り出した雨にもかかわらず、時には入場待ちの列ができるほどの盛況でした。道を挟んだ向かいにあるケーキ屋さん「コンディトライ・アン・マリーレ」や、お蕎麦屋さん「いろり」も、芸術祭に来たお客さんで大繁盛でした。

午後には思わぬサプライズ。新津保さんが作品の確認に来場し、偶然居合わせたお客さんは、新津保さんから作品の説明を受けていました。ラッキーだね!
新津保さんは私たちにも労いの言葉をかけてくださり、とても気さくで思いやりのある方でした。   止むことのない、客足と雨。十数年ぶりの道案内inEnglish。迎えた17時の閉場。作品サイトのお掃除をして、迎えの車に乗ってやっと一息。暖房の効いた車内では身も心もホットしました。

雨
信濃大町駅前インフォメーションセンターへ戻って、報告や精算を行って解散です。 長い一日になるのかと思いきや、あっという間の一日でした。 お散歩を楽しむように芸術祭を楽しんでいる方が多いことが印象的で、私も次は鑑賞する側で芸術祭を、信濃大町のお散歩を楽しみたいと思います。

 

*****北アルプス国際芸術祭 開催中!*****

“食とアートの回廊”大町へ遊びに来ませんか?

会期:2017年6月4日(日)~7月30日(日)

詳細は北アルプス国際芸術祭ホームページをご覧ください。

http://shinano-omachi.jp/

LINEで送る

このブログのトップへ