信州ジビエ みなさん、鹿肉って食べたことありますか? 鹿肉をはじめとする野生鳥獣は、フランス語で"ジビエ"と言い、ヨーロッパでは高級・グルメ食材として親しまれています。 自然に恵まれた信州は、そんなジビエの宝庫。このブログでは、鹿肉を中心としたジビエのおいしさと魅力をつたえていきます。

信州ジビエ

みなさん、鹿肉って食べたことありますか? 鹿肉をはじめとする野生鳥獣は、フランス語で"ジビエ"と言い、ヨーロッパでは高級・グルメ食材として親しまれています。 自然に恵まれた信州は、そんなジビエの宝庫。このブログでは、鹿肉を中心としたジビエのおいしさと魅力をつたえていきます。

長野県魅力発信ブログ > 信州ジビエ > その他 > 美味しさ五つ星!金沢で田崎真也さんと信州ジビエをPR

美味しさ五つ星!金沢で田崎真也さんと信州ジビエをPR

鳥獣対策・ジビエ振興室のM隊長です。
JR東日本の「美味しさ五つ星。北陸新幹線キャンペーン」の一環として開催された「田崎真也と味わう北陸・信越の「美食・美酒」ランチイベント」で信州ジビエが提供されることになり、11月8日、金沢市のANAクラウンプラザホテル金沢でトークショーに出席してまいりました。

この企画は北陸新幹線沿線の美味しい食材や日本酒、ワインをより深く知っていただくために開催されているもの。沿線各駅に田崎真也さんのポスターがたくさん掲示されているのでご存知の方も多いかと思います。

今回のランチイベントでは長野県をはじめ新潟県、富山県、石川県、福井県から選りすぐりの食材、お酒を選び、それぞれの食材の関係者がステージでトークショーを繰り広げながら、その魅力を参加者にアピールするという楽しい企画です。

長野県からは信州サーモンと信州産鹿肉が選ばれ、私もステージで田崎真也さんやホテルの総料理長と約10分間にわたり信州ジビエの魅力について説明させていただきました。
DSC_1017s












田崎真也さんは信州ジビエにもひじょうに造詣が深く、トークショーでは野生鳥獣による農林業被害や処理施設に搬入するまでの時間が大切なこと、最近のジビエブームについてなど、とても話が盛り上がりました。

今回、ANAクラウンプラザホテルの総料理長につくっていただいたジビエ料理は「信州産シカ肉のロースト」。コースのメインデイッシュの扱いです。ブルーベリーとワインを煮詰めたソースに砕いたナッツが振りかけられ、鹿背ロースのローストとの相性もばっちり。信州産リンゴの赤ワイン煮も添えられ、ほんとうに美味しく調理していただきました。
DSC_0955s












ランチイベントの参加者は約300名。初めての直通運転として大きく報道された、仙台発金沢行き新幹線で見えられた東北からのお客様です。
DSC_0967s











トークショーが終わった後、参加者の皆さんから「初めて鹿肉食べたけど本当においしかった」「メインディッシュにふさわしい一品だったよ」とお褒めの言葉をいただき、感激したところです。
DSC_0960s












それにしても、私がジビエの振興にはじめて携わった4年前は「ジビエってなんですか?」とか「鹿肉って食べられるの?」という反応がまだ多かったように思います。
それが今では越前ガニや「のど黒」、氷見のブリといったそうそうたる各地のブランドと同じステージで語らせて頂けるようになり、しみじみと感慨深いものがありました。

美味しさ五つ星キャンペーンについてはこちらから https://hokuriku-5star.jp/

 

LINEで送る

このブログのトップへ