信州ジビエ みなさん、鹿肉って食べたことありますか? 鹿肉をはじめとする野生鳥獣は、フランス語で"ジビエ"と言い、ヨーロッパでは高級・グルメ食材として親しまれています。 自然に恵まれた信州は、そんなジビエの宝庫。このブログでは、鹿肉を中心としたジビエのおいしさと魅力をつたえていきます。

信州ジビエ

みなさん、鹿肉って食べたことありますか? 鹿肉をはじめとする野生鳥獣は、フランス語で"ジビエ"と言い、ヨーロッパでは高級・グルメ食材として親しまれています。 自然に恵まれた信州は、そんなジビエの宝庫。このブログでは、鹿肉を中心としたジビエのおいしさと魅力をつたえていきます。

長野県魅力発信ブログ > 信州ジビエ > その他 > 銀座NAGANOで「信州ジビエ 高校生アグリレストラン」!

銀座NAGANOで「信州ジビエ 高校生アグリレストラン」!

鳥獣対策・ジビエ振興室のM隊長です。
8月17日(水)、銀座NAGANOで下伊那農業高校アグリ研究班の皆さんによる「信州ジビエ 高校生アグリレストラン ~カジュアルランチでジビエを召し上がれ~」が開催されました。信州ジビエ研究会事務局のW隊員が参加してきましたので、その様子を報告します。

今回で3回目となるこのアグリレストラン。下伊那農業高校アグリ班では有害捕獲されたシカがほとんど埋設処分されていることを知り、なんとかジビエの美味しさを広めていきたいと、活動を進めてきました。

メニューや調理方法については、専門家の指導を受けながら自分たちで工夫して考えてきました。
DSC_4539-s










この日のメニューは全部で6品。南信州産のトマトをたっぷり使った「夏野菜と鹿肉の煮込みハンバーグ」はジューシーで食べやすく、大満足の一品です。
DSC_4563-s










「鹿肉のカルパッチョ」は真空低温調理法で下処理された鹿肉を使い、さっぱりとした味付けで夏にぴったりです。
DSC_4564-s










「ハヤシカライス」は贅沢に鹿ロース肉が使われており、トマト風味のハヤシライスソースにぴったりマッチしています。
DSC_4561-s










いずれの料理も鹿肉の特徴を十分生かした素晴らしい出来栄えで、まさに高校生ばなれした素晴らしいものでした。
またレストランのお客様にはアグリ研究班の活動の状況を説明し、なぜジビエに取り組んでいるかなど、理解してもらえるよう工夫していることもたいへんよいと思いました。
DSC_4553-s










下伊那農業高アグリ研究班の活動については、JR長野駅の在来線⇔新幹線乗り換え通路にある展示棚「おらっちBOX」でも紹介しておりますので、ぜひご覧ください。

 

LINEで送る

このブログのトップへ