国際交流員って何をやってるの?

長野県国際交流員(CIR)の3人(出身国:英国・中国・韓国)が県内でどのような活動をしているか紹介します。

長野県魅力発信ブログ > 国際交流員って何をやってるの? > その他 > アメリカ大学生に長野の魅力を紹介しました (クリス)

アメリカ大学生に長野の魅力を紹介しました (クリス)

平成27年12月17日、長野市TOiGOでアメリカ人大学生に長野を紹介しました。カリフォルニア州立大学サンバーナディーノ校、オクシデンタル大学、テネシー州立大学、ケンタッキー大学から合計75人が来ました。テーマは長野県の魅力と産業で、私と観光部のブレアさんと一緒に発表をしました。長野県は魅力が多く、発表の短い1時間に何を主にしたらいいのか悩んでいましたが、結局3つの部分に分け、食べ物、産業、観光地について話しました。

P1110745

長野と言えば、果物が思いつきますので、信州りんご三兄弟を紹介し、長野の美味しいぶどうも紹介しました。長野は味噌の生産量が全国1位なので、味噌も紹介しました。さらに、そば、おやき、信州サーモン、信州黄金軍鶏についてもちょっと話しました。最後に、長野の珍しい伝統的な食べ物-虫-について話しました。みんなは虫を食べることにびっくりしていました。

 

次に、長野の伝統的な産業を紹介しました。水引、漆器、曲げ物等について話し、長野のGDP、国際貿易、生産量が全国1・2位の産物も紹介しました。私もびっくりしましたが、長野県では寒天、ギター、時計がたくさん作れています。

P1110747

 

最後に長野の観光地を紹介しました。豊かな自然がある山々に囲まれている長野県はもちろん観光地が多いです。私とブレアは長野の有名なスキー場、温泉スノーモンキーをについて話し、色々な祭りや歴史のある町を紹介しました。皆さんは長野県が気に入り、将来また戻りたいと言いました。

 

この発表のため、沢山勉強をしましたので、長野県の様々な魅力を改めて発表しました。長野県についてもっと知りたいと思います。

LINEで送る

このブログのトップへ