国際交流員って何をやってるの?

長野県国際交流員(CIR)の3人(出身国:英国・中国・韓国)が県内でどのような活動をしているか紹介します。

長野県みそ品評会  (クリス、トウ)

IMG_20151106_113545

27年11月6日、県工業技術総合センターで第65回長野県みそ品評会みそPRイベントに参加しました。審査員として、味噌を使って作られた料理を食べて、6つの中から一番おいしくて、見た目もいい2つを選びました。当日のメニューは「2種の味噌トースト」、「味噌キッシュ」、「白みそのチーズケーキ」、「簡単みそピザ」、「浅利のブロード味噌のラヴィオリあおさ風味」と「鯛とサーモンの味噌カルパッチョ風」でした。全品とも美味しくて、2つだけ選ぶことはとても難しかったです。審査員の皆さんはとても悩んでいました。結局私は「2種の味噌トースト」と「味噌キッシュ」を選び、この二つが優秀作品として選ばれました。とても美味しかったです。

IMG_20151106_110637

鯛とサーモンの味噌カルパチョ風

IMG_20151106_110614

浅利のブロード味噌のラヴィオリあおさ風味

このイベントで食べさせていただいた料理は全部みそ入り洋風料理でしたが、味噌と洋風料理は意外と合いました。特に味噌はチーズや蜂蜜に合うと思いました。味噌とチーズは両方味の濃い食べ物で、一緒に食べるとお互いに補足し合います。蜂蜜と味噌を混ぜるとびっくりするほど美味しくなります。外国人は味噌と言えば味噌汁しか思い浮かばないので、甘い味噌の料理を食べたことはないと思います。もちろん、日本では味噌味の甘い物もありますが、このイベントで初めて蜂蜜と味噌を食べました。蜂蜜の甘さは味噌のしょっぱさをちょっとだけ隠して、とても美味しくなります。蜂蜜と味噌の味はとても合うと思います。私もこのようない洋風味噌料理を作ってみたいと思います。

 

 

このブログのトップへ