国際交流員って何をやってるの?

長野県国際交流員(CIR)の3人(出身国:米国・中国・韓国)が県内でどのような活動をしているか紹介します。

しあわせ信州 > 長野県魅力発信ブログ > 国際交流員って何をやってるの? > その他 > 第1回山の日記念全国大会in上高地 (クリス)

第1回山の日記念全国大会in上高地 (クリス)

dav

今年から8月11日が「山の日」と言う祝日になりました。世界で初めての山に関する祝日となり、県土の約8割を森林が占めている長野県で第1回「山の日」記念全国大会が行われました。

日本の大臣、山に関係ある国の大使館から色々な外国の方も参加し、とても素敵なイベントになりました。2日間にかけて、国際フォーラム、ウェルカムレセプション、記念全国大会、上高地の観光等、色々なイベントが行われました。

私は通訳アテンドとして参加し、イギリスの大使館の方の通訳、案内をしました。

木で作られたIDカード

木で作られたIDカード

一日目は、国際フォーラムで、日本、イギリス、アメリカ、スイスの山や観光の話を聞きました。山は誰でも楽しめる物のはずなので、バリアフリーをテーマに、各国のバリアフリー施設について聞きました。とても勉強になりました。

バリアフリーの発表

dav

イギリスの発表

フォーラムの後、ウェルカムレセプションに行きました。ウェルカムレセプションでは色々な美味しそうな長野県産の食べ物や飲み物が出ました。私は通訳だったので食べられず、とてもうらやましかったです!皇太子もレセプションに来ました。テーブルを回って、大勢とお話しされたみたいです。

dav

松本産の新しく販売されたビール

1 2 3

このブログのトップへ