国際交流員って何をやってるの?

長野県国際交流員(CIR)の2人(出身国:英国・中国)が県内でどのような活動をしているか紹介します。

長野県魅力発信ブログ > 国際交流員って何をやってるの? > 夏のイベント > 中国深圳市福田区民間工芸協会の皆さんが飯山市に来ました。(李)

中国深圳市福田区民間工芸協会の皆さんが飯山市に来ました。(李)

平成29年7月27日、中国深圳市福田区民間工芸協会の切り紙芸術家たちが長野県飯山市に来ました。

FullSizeRender

飯山市は深圳市福田区との間に友好提携があって、政府の方だけではなく、民間交流も様々な形で長年盛んに行われました。福田区の小学生は毎年夏休みに飯山市に来て、日本人のお家でホームステイもします。

IMG_2415

切り紙の芸術家――中国深圳市福田区在住の袁曼君先生は切り紙の第五代目の伝承者であり、切り紙と触れ合う人生は40年以上いています。IMG_2417

飯山小学校、木島小学校の子供たちも会場で先生の指導を聞いて、切り紙にチャレンジしました。IMG_2422IMG_2418

先生は熱心に一人ひとりずつ切り方を教えました。うまくできた人もいてうまくできなかった人もいましたが、みんな中国の伝統文化をとても楽しめました。

IMG_2425

先生方は自分たちの作品をたくさん持ってきました。

IMG_2413

新しくできた飯山市文化交流会館は中国でも知名度が高い隈研吾建築事務所によって設計され、とても素敵な会場でした。中国の切り紙芸術家たちも「こんな素晴らしいところで私たちの作品を展覧させていただきとてもうれしいです」と言いました。

FullSizeRender_1

 

LINEで送る

このブログのトップへ