国際交流員って何をやってるの?

長野県国際交流員(CIR)の2人(出身国:英国・中国)が県内でどのような活動をしているか紹介します。

長野県魅力発信ブログ > 国際交流員って何をやってるの? > CIR活動 > 長野市立篠ノ井西小学校を訪問しました。(李)

長野市立篠ノ井西小学校を訪問しました。(李)

平成29年2月24日長野市立篠ノ井西小学校を訪問しました。今までに中国の文化紹介、ゲーム体験などの様々の活動をしてきて、今日は4回目の訪問になりました。子供達と一緒に中国のお菓子「南瓜餅」を作りました。

担任の先生に必要な材料を事前に用意していただいたおかげで、準備はスムーズに行われました。

早速始めましょう。

IMG_1842

 

 

 

 

 

 

まずは種と皮を取り除いた南瓜を適当なサイズにカットします。最初は四年生の子供にとって包丁は危ないかなとちょっと心配しましたが、大丈夫みたいです。IMG_2040

 

 

 

 

 

それから南瓜を柔らかくなるまで電子レンジにかけます。IMG_1847

 

 

 

 

 

 

そして柔らかくなった南瓜をボウルに移し、マッシャ―もしくはフォークでつぶす。もち粉と砂糖を加え、粉っぽさがなくなるまで混ぜる。

それから生地を平たい丸形にしますが、子供達は生地を自分が好きな形に作りました。鉛筆、消しゴム、蚊取り線香、ハート、星、蝶々等様々な作品が誕生しました。IMG_1851

 

 

 

 

 

 

それから熱したフライパンにバターを引き、中火で約5分焼きます。IMG_1857

 

 

 

 

 

 

最後に、ココナッツフレークをふりかけて出来上がりです。

出来上がりの南瓜餅はみんな美味しいと言いました。

美味しいお菓子を食べた後に、みんな教室に戻りました。前回訪問した時に子供達に中国の民族伝統歌謡「茉莉花」を教えました。それからみんな練習して私の前で披露しました。

そして中国の伝統ゲーム「ジェンズ」(はねけり)も普段からクラスで一緒にやっていることも聞きました。一番上手な子供は36回も連続でできると聞いてびっくりしました。

私はこのクラスを訪問したのは4回だけでしたが、子供達にこれからも中国や海外の国に対して興味を持ち、勉強し続けてもらえたらいいと思います。

 

LINEで送る

このブログのトップへ