国際交流員って何をやってるの?

長野県国際交流員(CIR)の2人(出身国:英国・中国)が県内でどのような活動をしているか紹介します。

長野県魅力発信ブログ > 国際交流員って何をやってるの? > CIR活動 > 「JENESYS2.0」2016年度中国青年メディア関係者代表団が長野県へ視察に来ました。(李)

「JENESYS2.0」2016年度中国青年メディア関係者代表団が長野県へ視察に来ました。(李)

平成29年2月22日から24日まで「JENESYS2.0」2016年度中国青年メディア関係者代表団第二分団が長野県へ視察に来ました。32名の団員は中国各地の新聞弁公室(政府機関)やテレビ局で働いている方で、日本の社会やメディアに関する交流や視察、取材活動をするために、今回の訪問に至りました。私は通訳として二日間同行しました。

まずは、2月22日に長野に着いてから善光寺を見学しました。

そして昼過ぎに信越放送株式会社を訪問しました。

FullSizeRender (1)

 

 

 

 

 

信越放送のロビーで多くの社員たちに熱烈歓迎されました。FullSizeRender

 

 

 

 

 

 

歓迎式の後に、信越放送社内のスタジオやマスター室などを視察しました。会社の担当者たちはとても親切に代表団の皆さんに説明しました。質疑応答の時も、みんなの質問を事前にまとめてそれぞれの部署の責任者に一つ一つ答えていただきました。

翌日の朝、代表団一行は松本城と松本市役所を訪問しました。松本市役所で、「健康寿命延伸都市松本」の都市未来像に向けて、取り組みの方向などについて勉強しました。IMG_1808

 

 

 

 

 

 

午後、代表団は相澤病院へ移動しました。相澤病院は中国北京市に現地法人を設け、現地医療機関のリハビリセンターを運営管理しています。そして、相澤病院には16名の中国人スタッフも勤務しています。

IMG_1814

 

 

 

 

 

中国と様々なところで接点を持ちながら、広く深く交流しています。今回相澤病院に訪問することができ、代表団の皆さんにとってとても有り難いことだと団長が言いました。IMG_1813

 

 

 

 

 

 

相澤病院を出た後に、代表団は伊那市のホームステイ先へ向かいました。日本語はほとんど話せませんが日本人のお家に入るのが初めてで団員のみなさんはワクワクしました。IMG_1823

 

 

 

 

今回の訪日は多くの団員にとって初めての経験でした。どこでも大歓迎されていることを肌で感じ、特に長野県への好感度がぐんと上がったと感想を聞かせてくれました。各企業や観光スポットの視察もきっと皆さんにとって有意義なものになるではないかと思いました。

 

 

LINEで送る

このブログのトップへ

CLOSE